いいだろう、ならば粉砕だ

バトスピを筆頭に徒然なこと書いてくよ

単刀直入に言うと メイン バトスピ烈火魂 第50話

バトスピ烈火魂 第51話(最終回) と 個人的感想[バトスピ:アニメ]

BSbs51_001s.jpg

こんばんは、粉砕かっぱです。

烈火魂、終わりました。
かっぱは、烈火魂放送期間中に氷河期脱却ならず、なお引きずっている始末。
このままじゃ、ダブルドライブ始まってもバトスピ出来ないぞチキショッ。

ま、それは置いておいてアニメのお話。




バトルはつまらんかったので略。

BSbs51_002s.jpg
ポッと出しのチート級切札で幸村くんの勝ち。

このマジックはプレバンの戦国プレミアムボックスに入っている模様。


汚い販促過ぎて、真顔になる。



BSbs51_003s.jpg
観客席にて、烈火魂の真の主人公神次郎兄ちゃんと真のヒロイン東北代表バトラーちゃんが同画面に映る奇跡。



BSbs51_004s.jpg
上の泣いてるモブ子ちゃん可愛い。
10年後が楽しみですネェ……。


BSbs51_005s.jpg
烈火魂の真の主人公である、神次郎兄ちゃんは兄弟の約束を達成。

カッコ良すぎる……!


BSbs51_006s.jpg



やっぱ、神次郎兄ちゃんって最高の主人公だなって思った最終回でした。



ここからは、かっぱの個人的な感想。


烈火魂始まった当初は、凄く魅力的なキャラいっぱいでワクワクだった。
が、実際始まってみるとだんだんとボロが出始め悲しいことに。

露骨な販促に伴う、接待バトスピがそこそこな頻度であるのが嫌。

群青早雲ちゃん好きなキャラなのに、負け過ぎるのが嫌。

烈火魂のお話の大筋?が思った以上にペラペラのまま終わった。


これ以上書いても悪いことばかり出てきてしまう。



最終回の早雲ちゃんに至っては、どう考えても復帰してないまま台詞を言わされてる感凄かったですね。

どういうことやねん。


ライバルであると思しき利家ニキとの最終バトルも結局見せず、投げやり。


スクライドっていう熱血アニメでも見て、勉強しよっか。
って本気で言いたくなるくらい不完全燃焼。



うぅむ……うぅむ……。


群青早雲と神次郎兄ちゃん、東北代表バトラーちゃんというキャラを生み出してくれただけで感謝の意を。

終わってみれば、それくらいしか思えないアニメ。
かっぱにとっては。


さぁどうなる、ダブルドライブ。

それでは、デッキアウト



追記

ソウルドライブを使ったバトルの後、使ったバトラーは死ぬ
くらいのハードコアなバトスピを少し妄想した。

色々アウト過ぎてにっこり。

スポンサーサイト

from ユウゲンドラ

天下だなんだと言いながら、結局は身内でのヌルい接待バトルが主でしたからねぇ。

やはりカードアニメは弱者必滅でないと。

Re: from 粉砕かっぱ

>>ユウゲンドラさん

終わってみても天下云々はしょうもなかったですね。
接待バトルに関しては、本当にどうにかならなかったのか永遠の疑問です。

良いキャラが多かっただけに、色々勿体ないと思いました。

コメント:を書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://hunsai.blog.fc2.com/tb.php/1134-82b936a2