いいだろう、ならば粉砕だ

バトスピを筆頭に徒然なこと書いてくよ

反省する必要がある メイン それは唐突に訪れる快楽

甘き死よ来たれ[バトスピ:デッキ]

こんにちは、粉砕かっぱです。

先日使ったセルフデッキデスデッキの紹介をしますよ。





セルフデッキデスデッキ ver1.0 ←クリックで一発チェック


スピリット 13枚

3 [12/全6] 光導龍騎ゾディアックアポロクリムゾン <神星・竜騎>

2 [4/2] 冥将アマイモン <冥主・神将>

3 [3/1] ダンデラビット <遊精・星魂>

2 [5/2] 天星馬ペガシーダ <戯狩・星魂>

3 [0/0] 鼬の暗殺者ウィゼーブ <獣頭>

ブレイヴ 6枚

3 [5/青2緑2] バルカン・アームズ <造兵>

3 [7/3] テクノヒュード <海首>

ネクサス 4枚

1 [3/1] 灼熱の谷

3 [3/2] 黄昏のキャメロット城

マジック 17枚

3 [4/1] リバイヴドロー

3 [5/4] ゾディアックコンダクト

2 [3/2] デッドリィバランス

2 [4/2] ライフチャージ

3 [4/2] マジカルライト

3 [3/2] ストロングドロー

1 [6/2] マキシマムブレイク



合計40枚。



アマイモンさんを使う上でのポイント。

このお方のセルフデッキ破壊能力を最大限に使うために、
デッキに<虚神>は入れないこと。

こうすることで、6枚限界まで破壊することが出来ます。

そして、マキシマムブレイクを使った際は16枚までデッキを破壊できる。
これには、西郷さんも苦笑い。



ペガシーダさんを使う上でのポイント。

このお方のセルフデッキ破壊能力を最大限に使うために、
デッキにコスト6/7のスピリットは入れないこと。

こうすることで、6枚限界まで破壊することが出来ます。
更に、Lv2のときは3枚ドロー出来るので強いです。

マキシマムブレイクすると、最大合計で19枚デッキを削ることが出来ます。

条件が合えば、デッキの中で最凶かもしれない。



ペガシーダさんの能力のお陰で、ダーククリムゾンさんは入れなかった。



このデッキでやることは、唯一つ。

コアのやりくりをしながら、己のデッキを破壊

これだけ、簡単でしょ?
目的がはっきりし過ぎているため、迷いなど不要。



初手に、キャメロット城があれば先手で配置したい。
キャメロット城の破壊力は本当に規格外レベルなので、とても素晴らしい体験を貴方に与えてくれます。

他にも、初手にダンデさん+バルカンウィゼーブ+ストドロなどのときも先攻が良いかも。


あとは兎に角全力で、セルフデッキ破壊すべし。




実は既に、ver1.1の構想が頭にある。
と言っても、あるカードの既存の枚数を3枚から2枚にしてペンドラさんを2枚投入しようかなーってくらいですけど。



このデッキはあくまで一例なので、参考に色々なセルフデッキデスデッキが出てくればいいなぁと思っていたりします。
トレス・ベルーガも楽しそうではあるけど、アタックしなければならないのがめんどいですな。




こんな感じのデッキで遊んでます。
自分で言うのも何なんですが、かなり面白いデッキだと思いますよ。

今のところ、敗率100%という輝かしいデッキ。



いやー、本当に久々に心にグッと来るデッキが作れた気がしますよ^w^

それでは、セルフデッキアウト

スポンサーサイト

高速セルフデッキ破壊なら from しらたき

堕天神龍ヴィーナ・ ルシファーにアメミード乗っけて遊んでました。

ええ、マジック0デッキで。
ドローに冠や想獣。
数を並べてルシファー合体時効果でウィッグか?と見せかけ最後までオープン→トラッシュ

相手はポカーンとしてましたね。


敗率100%のかっぱさんデッキに勝て…負ける事ができるかも。

Re: 高速セルフデッキ破壊なら from 粉砕かっぱ

>>しらたきさん

ヴィーナ・ルシファーさんも居ましたね・・・そう言えば。

各種メタを乗り越えることが出来れば、いい感じだと思います。
ただ、このタイプはロック型青デッキやデッキ破壊メタを大量に積んだ白デッキなどには戦い辛そうな感じがします。

妨害か… from しらたき

当時、お互いデッキは破壊されないって奴らは居なかったんで、気にしてなかったです。

今の環境に対応させるなら、メロディアスハープを導入かなぁ
山札に残っているハープがルシファーの効果で発動しても、手札にスピリットカードがあれば再び起動できるし…

でもスマートじゃないな。


シーサーペンターや五行山とか、マジックに頼らない改造を考えないとですね。
対ジェロニモンドを考えると赤白以外で

Re: 妨害か… from 粉砕かっぱ

>>しらたきさん

当時は白鳥Mk-Ⅱくらいでしたものね。
しかし、今となっては破壊メタがそこら中に・・・。

改良する余地は十二分にあると思います!

コメント:を書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://hunsai.blog.fc2.com/tb.php/397-36b4024e