いいだろう、ならば粉砕だ

バトスピを筆頭に徒然なこと書いてくよ

青の【強化】のお勉強 メイン 72

妖蛇園園長アスクレピオーズ[バトスピ:バトル]

おはようございます、粉砕かっぱです。

土曜日は割りとギリギリでSBに参加できました。
ので、いつもの如く記録を。


参加人数:31人

試合形式:スイスドロー

使用デッキ:ぅゎょぅι゛ゃっょぃ



1戦目:男の子 使用デッキ:


お互い和やかにバトル開始。

しかし、バトルは中々どうにもこうにも。


男の子の出すスピリットを、かっぱはペンドラさんやズガネークさん、アサシネイトで除去しまくる。
かっぱのデッキはやたらとドロー出来るので、どんどんハンド差が。

あれよあれよと、男の子を追い込む。
と言いつつも、お互いライフは残り1つ。

男の子、フェニキャを出してこちらのネクサス虚実の口を破壊。
・・・したと思ったら。

男の子「すみません、やっぱりこれは戻します;」

あぁ~っと必殺『戻るステップ』頂きました。


フェニキャは手札に帰り、代わりに出てきたのはシユウさん。

このとき、かっぱのブロッカーは1体だけだったので勝負を決めに来た模様。


バチョウさんのアタックをブロックで止め、シユウのアタック。
かっぱは無情に、吸血爪でコア抜きして破壊。

返しのターン。

少年の手札はフェニキャだけと分かっているので、蛇にょろパンチで決着。



結果:勝ち



2戦目:お兄さん 使用デッキ:皇マ・グー


地道に攻めるのが我がデッキ。
よって、相変わらずちまちま殴りバトルは進行。

が。

輝剣でこちらのフィールドは壊滅し、2体のアタックを受けて残りライフは3。

返しのターン。

かっぱはペンドラさんで輝剣を破壊し、合体アタックでライト・ブレイドラさんを破壊。
相手の軽減を徹底的に潰すのだ。


しかし、次のターンにお兄さんが出してきたのは皇マ・グー

Oh...

アタックステップに入るときにトラッシュのコアを5個残したところを見ると、あいつか・・・。


皇マ・グーのアタック後フラッシュで案の定セイリュービ氏登場。
毎回毎回顔見せすぎなんだよ、ダボがッ

こちら、守りの手札などないため全てのアタックをライフで受けて決着。



結果:負け



3戦目:お兄さん 使用デッキ:皇マ・グー


仲の良いお兄さん、よってこの方とぶつかるとお互い完全にフリーモードに突入。


全体的にお兄さんはハンドがやたら強いっぽく、和やかに舐めプ。

舐めプ上等!と言わんばかりにかっぱは相変わらずちまちま攻める。
そして、手札にはアスクレピオーズ先生がスタンばってる。

我がデッキのある種キースピリットである、呪王ドラゴナーガ先輩を召喚してドヤ!とかお互い馬鹿をやりつつバトルを進める。

が、かっぱ全くコアが足らないため攻めるに攻めあぐねる。


そんななかお兄さんは何度も何度も皇マ・グーを出してくる。
かっぱは、出されるとアサシネイトズガネークで精一杯の除去。

もうやだよぉ・・・。


ってなわけで、ブロッカーが少なくなったところでお兄さん皇マ・グーケルベ引っ付けて決着をつけに来る。
その皇マ・グーアサシネイトで破壊するものの、ケルベは回復状態。
ケルベのアタック後にストアタでブロッカーを疲労させられて、完全決着。

あぁ・・・全くガチすぎんぜ・・・。


結局、アスクレピオーズ先生は出すことは無かった。



結果:負け




4戦目:お兄さん 使用デッキ:白?


最初お兄さんはドロー加速しつつこちらを様子見。
かっぱもドラゴナーガ軍団のドロー力でひたすら引く。

虚実の口を配置したら気弾で速攻割られ、ちょっと殴りますよってしたらサンク先生が出てくる始末。

そのサンク先生は、たしかズガネーク先生で破壊。
合体して殴ってみると、出てきたのはアシュライガー

うわあああああああ!


ドラゴナーガさんは犠牲になったのが・・・。


お兄さん、スピリットをさらに召喚するものの攻めてこない。
ので、ズガネーク先生を2連発で使用してアシュライガー達にご退場願った。

バイ・パイソン大先生でドロー加速を試みるが、ライフに通って出てきたのは2体目のサンク先生。

勘弁してくれぇ。


しかも、次のターンにはお兄さんの更なるドロー加速によってVWDを引かれてしまい、超鉄壁が完成。


・・・。


2点パンチを食らってかっぱのライフは残り1。
暗殺者の無色の【呪撃】によりお兄さんをじわじわ追い詰める。

かっぱはアスクレピオーズ先生をLv2で召喚して、ズガネーク先生と合体。
うおおおお、BP16000だぁあああ。

これにより、しばらく大丈夫かと思ったら。


三段突き余裕でした。


ですよねー!


しかも、アスクレピオーズ先生のブロック後に撃たれたもんだから、一緒に付いてたズガネーク先生はVWDサンク先生のアタックに耐え切れず爆発。


・・・っべー。


かっぱ、呪王ドラゴナーガ先輩を召喚。
からの・・・。
チェーンバイパーを召喚→1ドロー→引いたバイ・パイソンを召喚→1ドロー→引いた暗殺者ドラゴナーガを召喚→1ドロー→引いた魔法剣士ドラゴナーガ先生を召喚→召喚時効果と併せて2ドロー。

やたらコンボが決まりあれよあれよとこちらにはブロッカーがずらり。


我ながら、このときの呪王ドラゴナーガ先輩の背中は凄く逞しく見えました・・・。


これで、あともう少し闘える!と意気込んだ瞬間。


お兄さんのドローステップ。

お兄さん「あっ」

かっぱ「!?」

お兄さん「すみません、インビジ引きましたw」


( ゚∀゚)・∵. グハッ!!


ここ一番でのお兄さんのドロー力、敬意を表するッ!



決☆着



結果:負け




5戦目:男の子 使用デッキ:セイバーなデッキ


かっぱが言うのも何ですが、プレイングがまだまだ甘いという印象が大きかった。
「甘い、甘いなぁ!まるでおはぎのようだ!!」(CV.961社長)※台詞は適当。


男の子の出すブレイヴ単体をコア抜きでどんどん除去。
男の子はコアを一杯乗せてみるものの、こちらはコアスティールを撃ってコア抜き破壊を続ける。

さらに、かっぱのフィールドには虚実の口が3枚張りしてあるので誰か散ったらそれだけで3枚ドローというワケ分からん状況に。

途中、ヤマトを踏んでしまうものの返しのターン何を思ったか男の子は無理矢理セイバーを素出し。
そして、攻めて来ない。

このとき、2体とも上のコアが1個ずつしか置かれていなかったのでペンドラ先生により除去。

オードランにコアを大量に乗っけてライフは残り2でバースト有り。

かっぱ、ザウムさんにペンドラをつけてメインでコアスティール
ペンドラザウムさんのアタックによりオードランを破壊し、トドメの2点パンチ。



結果:勝ち



プロモは何とか貰えました。

当たったのは何と!

ライト・エンジュちゃん!


・・・。
かっぱは、仲の良い少年の持つライト・ダグラスさんとそっと交換するのであった。




その後、何やらお兄さんたちはバトスピ仲間で食事会?らしい。

うらやましか~!
ばってん、かっぱは仕事だけんね、どんこんでけんたい!

と言うわけで、帰宅後仮眠。
起きたら仕事へ出発。



今回のSBで驚いたのは、5戦目が終わった後に隣の卓を見たらお二人ともセイリュービがフィールドに居て、その奥でフリーしていらっしゃる方もセイリュービ

何か、1枚に制限されてから誰も彼もセイリュービ入れすぎだろぉ。
くっそぉ、マジでつまんねぇぜ!


どれくらいセイリュービがつまらないかと言うと。

miniふっくら真
「はいはい、セイリュービですね!どうぞご自由にコアをお使いください!!」
※画像はアニメ「アイドルマスター」より



これは大分柔らかく言ってます。
ありがと、まっこまこり~ん。


で、実際はどんなかと言うと。
セイリュービを出された瞬間に、
バトルを続行する気が無くなる。

相手の方には申し訳ないが、マジでこんな感じ。

これと同じようなことは西郷さんにも言える。


ま、愚痴ってても仕方が無いので諦めるしかないですが。


ぅゎょぅι゛ゃっょぃデッキ、灼熱入れてるけど邪魔だから抜こう。
虚実も2枚に減らして、空いた2枚をデッバラに変えよう。
これでちょっとは何かが何とかなるでしょ!




72デッキ、無尽合体キサラギの最終形態の如くごっちゃごちゃしてる。
結局、6色全部積んでしまった。
あぁ・・・ヴァルハランス・レオを3枚積みしなければなぁ・・・。



それでは、デッキアウト

スポンサーサイト

コメント:を書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://hunsai.blog.fc2.com/tb.php/436-e707c74c