いいだろう、ならば粉砕だ

バトスピを筆頭に徒然なこと書いてくよ

カードが足らぬ メイン アドペンタンいらないよ

新弾発売後の初通常SB[バトスピ:バトル]

こんばんは、粉砕かっぱです。

皆さんは、もう新弾発売後に新しいデッキでSBに出ましたか?
それともまだ、デッキを組んだり考えている最中でしすかね。


そんなわけで、早速レポを。
初戦敗退が常なのでレポする意味あるのかどうか分んないけどね。



参加人数:8人(圧倒的少なさ)

試合形式:勝ち抜き戦

使用デッキ:山ばっか ←クリックで一発チェック



1戦目:少年 使用デッキ:白

少年はこちらのデッキがノースリーブなので、非常に危機感を持っていた模様。
超速攻デッキかと思ったのかな?

ふふ、そんなのは組まないよ!


かっぱ、ひたすら山を並べていく。
かっぱのフィールドはもはや大山脈状態。


少年、ルナ友で殴り、さらにミッドナイトサン合体して殴り、
で、かっぱのライフは残り2つ。

うっひょー。


少年、かっぱのフィールドを見てポツリと呟く。
「山ばっかだな…」



ん?


今、『山ばっか』って言ったよね?



初手から居た、ヤマバッカを召喚するタイミングは今しかなかった。
最高にドヤ顔である。



返しのターン。

ヤマバッカはルナ友にバウンスされてライフは無くなった。


バトル後、このデッキの『正体』に気付いた少年は笑顔であった。
このデッキで笑ってくれるだけで、組んだ意味があったってもんだ。


結果:負け



プロモは



隣の仲の良い少年から「楽しい…?」と非常に冷めた目見られたけど、
「楽しいよ!」と即答したった。

少年は『勝利』することが楽しいという、言い方はアレだけど普通のプレイヤーですからね。
そういう人からすれば、今回かっぱが使ったデッキは紙束以外の何物でもない。


恐らく、そういう人はこんなデッキを考えることすらしない。



その後、フリーで色々遊んだ。

山ばっかデッキの他には、チャールちゃんスリーブで組んだベヒモスたんデッキくらいしかなかったのでこれも使った。

クイック・モスキー氏がいい具合に守りの要になってくれて、
ラストアタックをベヒモスたんに任せることが出来たぜ。
しかし、1枚しか持っていないから毎回引けるかどうかドキドキする。

パッと見今回の中で最安だから、今月のぶーどらで出なかったらシングルで買うまである。



帰宅後、寝る間を惜しんでデッキ構築。

<妖蛇>デッキにジャオウさん入れてみた。

後他に組んだのは、持ちうる全てのミニーズを積めたアーク強化】デッキ。
バトスピやろうぜ!でジャスティスさんが使ったデッキをちょっと参考にしてる。
と言っても、星見の三連塔だけしか参考にしてないけど。

ルクシオンさんメインのデッキも組んでみた。
レイジングシーが使ってて最高に気持ち良い。

それと、<武装>デッキ。
天空剣の強さが想像以上であった。
これ、マジで強いですねぇ。
グラン・ウォーデンに天空剣を持たせて、隣にフィアラルが居ると無限アタック&BPですよ。
…え?
グラン・ウォーデンを疲労させられたら終わり?
そこは皆大好きなリゲインやダイヤモンドストライクでどうにかすべし!



他に組みたいのは、<地竜>デッキと白デッキですな。

それでは、デッキアウト

スポンサーサイト

from かに

>>山ばっか
マジで山ばっかだった(^^)
これは山つながりで
『プリふじさん』や
『霊峰』と『ヤマ』を含む『霊峰魔龍ヤマタノヒドラ』を1チャン目当てで入れたくなります(^^)

from イカロス

山ばっかデッキ久々に心にクリーンヒットです。電車で笑ってしまいました。僕は凄く好きです。

from もののけ

神鳴る霊峰があったってことはホントに霊峰魔竜はありかもですねw
にしても相手の少年の呟きがナイスすぎですねwww
久々にツボりましたwww

Re: from 粉砕かっぱ

>>かにさん

プリふじさんとヤマタノヒドラは「山のように大きなスピリット」なのであって、
「山」自体ではないので入れてません。

それに「山」繋がりとか言い出すと、マウンテン・セイカイさんとか入れなくてはならなくなります。
そうなってくると、パッと見の判りやすさが無くなってしまうので僕はそういう構築を避けました。

Re: from 粉砕かっぱ

>>イカロスさん

使ってみても…いいんだよ?よ??

ユーモアの分る人が居るショップなら、使ってみるのも一興かと。
一発ネタですよ、壮大な。

Re: from 粉砕かっぱ

>>もののけさん

ヤマタノヒドラを入れていない理由は、かにさんのコメントの返事に書きましたのでご参考までに。

少年の呟きは僕も耳を疑いましたよ。
まさかの完全なネタシンクロで、ヤマバッカ大歓喜。

コメント:を書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://hunsai.blog.fc2.com/tb.php/605-a671f39c