いいだろう、ならば粉砕だ

バトスピを筆頭に徒然なこと書いてくよ

ワンカラー戦における青の立ち位置 メイン 夢のきぐるみ営業

縛れば縛るほどガチ構成になる[バトスピ:バトル]

こんばんは、粉砕かっぱです。

ハピネスチャージプリキュアは好きになれそうなキャラが居ないので観るのがしんどい。
でも、EDの技術は半端じゃないのでそれを見るために頑張る。


それは置いといて、土日のレポを。



土曜日。

何を使って遊ぶか決めてなかったので、【招雷パピヨン改を使うことに。


参加人数:10数人

試合形式:スイスドロー

使用デッキ:【招雷パピヨン


1戦目:少年 使用デッキ:

フゥーハハハ!
全くコンボパーツが揃わないぜ!!!


焼け野原にされて敗者必滅。



結果:負け



2戦目:お兄さん 使用デッキ:

さっきとは打って変わって、面白いくらいパーツが揃う。

これは……イケル!


バディでアタック後、【神速】ブロックで相手のスピリットを破壊。

破壊後バーストのバーストタートルによりバディバウンス。



!?



この一撃で大いに計算が狂った。

返しのターン、猛追を2コスの肉壁で限界ギリギリまで凌ぐものの息切れ。


結果:負け




3戦目:男の子 使用デッキ:白

ハイドランディア先生のお陰で、無理矢理コンボパーツを揃えられた。

男の子のライフが残り4点。


バディクリフォードパピヨン

の流れで電光石火の一撃。



結果:勝ち



その後、強いお兄さんの組んだ変なデッキ群とひたすらフリーで遊ぶ。

いやはや、面白いデッキが沢山でかなりあっという間に時間が過ぎてしまいました。



帰宅後、一人でポケモンカードのデッキを回してみて仮眠。



日曜日。

究極銀河ゼロ始まって以来初めてのスピリットソウル効果を使用。

アロケイン氏はかっぱもお気に入りのスピリットの一人なので、効果をフル活用して頑張ってくれて満足。


そして、<詩姫>ブースターのCMが流れる間の別ゲー感がヤバい。

バトスピなのにバトスピじゃない感じ。


ハピネスチャージに関しては、記事冒頭な感じ。



午前中はポケモンカードの大会で遊んだ後、バトスピをフリーで回して遊ぶ。

その後、ショップへレッツらゴー。


大会が始まる前まで何のデッキで遊ぶか決めてなかったので、はす向かいの中の良い少年がワンカラーですよ、ワンカラー!ってことだったのでワンカラー用に強化したペンタンデッキで参加。


参加人数:いっぱい

試合形式:スイスドロー

使用デッキ:Call of Knight -Destroyer-



1戦目:お兄さん 使用デッキ:

あっという間にダーティラさん出てきてこちらを一方的に焼け野原に。

ほげげ。



結果:負け



2戦目:男の子 使用デッキ:デッキ破壊

男の子が出してきたのがクレイ・ゴレムだったのでデッキ破壊だと確信。


デッキ破壊ペンタンのデッキは相性良過ぎるぜ。


タイタス先輩やオライオン兄さんが出てきても、パワーダウン執事ペンタンの熱い阻止でデッキが全く削れない。

な、何て安心して闘えるんだ……。


その後、ペノヴァさんのLv3効果でアタック時にかっぱのペンタンを3体破壊。

騎士ペンタンが破壊されたので、聖騎士ペンタンを降臨。

ブロッカーで立っていたオライオン兄さんにはバーストスナップでバトル不能にしてゴリ押し。



結果:勝ち



3戦目:お兄さん 使用デッキ:レアメタループ

先ほどと同じく、執事ペンタンの熱い阻止でデッキが削れない。

が、レアメタルが配置されたときにちとヤバいと焦る。


ところがどっこい、トップドローが聖騎士ペンタン
フィールドにはUアンプルール

Uトリガーヒットにより、聖騎士ペンタンを召喚してお兄さんのデッキコンセプトを封殺。


それから先は、聖騎士ペンタントワファンを持たせてBP35000で殴りまくる暴力。


〆にはライフドリームで脳筋アンブロッカブル。



結果:勝ち!




5戦目:仲の良い少年 使用デッキ:

早いデッキに対して、ペンタンたちの相性は全然良くない


今回のバトルも例外なく、あっという間にライフが無くなってしまった。




結果:負け!




その後、フリーで遊ぶ。

百騎兵のスリーブが凄く良かったので、購入。
こういうの凄く好き。


フリーで回してみてあれだけど、白単の弩安定感と来たら半端じゃないですな。

とりあえずワンカラーのデッキをもっと作っとかないと。


ワンカラーの豚はすたあデッキでも組んでみますか。

デッキ破壊ありすぎて、<異合>たちをめっきり見なくなったのでね。



それでは、デッキアウト

スポンサーサイト

コメント:を書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://hunsai.blog.fc2.com/tb.php/831-6ac1051e